全国児童画コンクール

【主催】
毎日新聞社/毎日小学生新聞/日本児童画振興会
【後援】
文部科学省
【協賛】
CGC GROUP

ぜんこくじどうがコンクールとは全国児童画
コンクールとは

1982年から毎年開催
毎回、全国から約50万枚の応募をいただく、国内最大規模の児童画コンクールです

「全国児童画コンクール」は、絵画を通じて児童の情操教育を応援することを目的に、1982年(昭和57年)から毎年実施している絵画のコンクールです。毎日新聞社、日本児童画振興会が主催し、文部科学省の後援を受けて、CGCグループが協賛をしています。
当初は関東地区限定の企画でしたが、第4回目から募集地域を全国に拡大。応募作品数も回を重ねるごとに増え続け、第30回には約50万枚の作品が集まり、それ以降、毎年、全国から約50万枚(募集対象とする日本の3歳~12歳の人口の約5%、20人に1人が応募)の作品が集まる国内最大規模の児童画コンクールへと成長しました。

1982年から毎年開催して40回

昨年の第40回に全国からご応募いただいた作品数は48万7,024枚。たくさんのご応募ありがとうございました。
第1回から第40回まで、40年間の累計応募作品数は、1,024万枚となりました。

第32回コンクールから文部科学大臣賞
1枠追加、3名表彰に

「全国児童画コンクール」は、第15回から文部科学省(当時は文部省)の後援をいただいています。
2013年(平成25年)の第32回コンクールからは、長年続けてきた地域密着の情操教育活動、応募数の多さなどを評価していただき、従来の幼児、小学生1人ずつだった文部科学大臣賞を、小学生を低学年・高学年に分け、計3人を表彰することになりました。

全国児童画コンクールは
地域の絆を大切にします

作品は全国各地域のCGCグループ加盟スーパーマーケットで受け付けています。店頭での応募画用紙の配布から始まり、応募の受け付け、売場での作品展示、お店での表彰式、作品の返却など、地域の子どもたちとご家族、お店の従業員さんとの間でコミュニケーションが生まれます。
「全国児童画コンクール」は開始以来、児童画を通じた地域のコミュニケーション育成にも力を注いでおり、今後も「地域の絆」を大切にしてまいります。

  • 売場での作品展示
  • 表彰式
  • お店での表彰式

「子どもたちの未来を応援する」寄付企画

「全国児童画コンクール」では、東日本大震災が発生した2011年(第30回)から被災児童を応援する寄付企画を実施し、第39回までの10年間、被災された福島、宮城、岩手3県の被災児童育英基金へ累計4,661万6,635円の寄付を行ってきました。
昨年の第40回からは、広く子どもたちの未来を応援することを目的に新たな寄付企画をスタートさせ、作品応募1枚につき40円をCGCグループが積み立て、総額1,948万960円(全国応募作品数48万7,024枚×40円)を文部科学大臣賞、最優秀賞の受賞者計6名がお住まいの市町村の子ども未来課などに6等分して1ヵ所324万6,826円を直接お渡しし、子どもたちの未来を応援するために役立てていただきました。

文部科学大臣賞(幼児の部)受賞者がお住まいの陸前高田市 戸羽市長へ直接、寄付金をお渡ししました

文部科学大臣賞(幼児の部)受賞者がお住まいの陸前高田市 戸羽市長へ直接、寄付金をお渡ししました